モンスターカレンダー

« 2012年12月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2012年12月20日アーカイブ

男の潮吹きなんてあるわけ無いと豪語していましたが、先日大阪にて亀頭責めをひたすらされるという方法で初体験してきました。

男の潮吹きに興味を持ったきっかけはSEXで射精後も責め続ける痴女にM男絶叫!!みたいなタイトルのAVを偶然見たのが始まりでした。

射精後に再度こすり続ければ誰でも潮を吹くのかと思い、自分でしてみましたが、さっぱり興奮もせずに何が気持ちいいのか理解ができませんでした。その後彼女とSEXしたあとに彼女にお願いをしてチャレンジしてみたが、くすぐったいだけで、ドンドンしぼんでいくばかりでした。しまいにはベッドの上でおもらしをしてしまいました。


ネットや、本などで調べたところ、1週間程射精を我慢して、時間をかけて、おしっこを我慢するとか、おしっこはすましてから等色々な体験談などがありましたので、試してみましたが、無理でした。


男の潮吹き専門店みたいなHPを大阪の風俗サイトで見つけたので早速行ってみたところ、痴女のお姉さんが焦らしながらの亀頭責めをして、潮吹きをさせてくれるプレイでした。


実際の内容は焦らされながら、普通に射精した後が本番でした。濃厚に搾り取られるように射精した後、ぐったりしているところをたっぷりのローションをつけて、両手で亀頭を責め続けられ、腰が抜けそうになりながら悶えさせられて震えてきたあとから、勢いよく潮が吹き上がりました。


出しても出しても許されず、もう腰の痙攣が止まらなくなるほどの快感がおとずれて一回こすられると一回発射、こすられるたびに潮が出続けました。

もうゲッソリとして何も出なくなっても発射感だけが繰り返し続いていました。


この初体験の感想は、「ひゃぁーもう勘弁して下さい」でした。しかし時間が経つにつれてあの快感をもう一度味わいたくなってきました。