モンスターカレンダー

« 2012年12月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2012年12月アーカイブ

男の潮吹きなんてあるわけ無いと豪語していましたが、先日大阪にて亀頭責めをひたすらされるという方法で初体験してきました。

男の潮吹きに興味を持ったきっかけはSEXで射精後も責め続ける痴女にM男絶叫!!みたいなタイトルのAVを偶然見たのが始まりでした。

射精後に再度こすり続ければ誰でも潮を吹くのかと思い、自分でしてみましたが、さっぱり興奮もせずに何が気持ちいいのか理解ができませんでした。その後彼女とSEXしたあとに彼女にお願いをしてチャレンジしてみたが、くすぐったいだけで、ドンドンしぼんでいくばかりでした。しまいにはベッドの上でおもらしをしてしまいました。


ネットや、本などで調べたところ、1週間程射精を我慢して、時間をかけて、おしっこを我慢するとか、おしっこはすましてから等色々な体験談などがありましたので、試してみましたが、無理でした。


男の潮吹き専門店みたいなHPを大阪の風俗サイトで見つけたので早速行ってみたところ、痴女のお姉さんが焦らしながらの亀頭責めをして、潮吹きをさせてくれるプレイでした。


実際の内容は焦らされながら、普通に射精した後が本番でした。濃厚に搾り取られるように射精した後、ぐったりしているところをたっぷりのローションをつけて、両手で亀頭を責め続けられ、腰が抜けそうになりながら悶えさせられて震えてきたあとから、勢いよく潮が吹き上がりました。


出しても出しても許されず、もう腰の痙攣が止まらなくなるほどの快感がおとずれて一回こすられると一回発射、こすられるたびに潮が出続けました。

もうゲッソリとして何も出なくなっても発射感だけが繰り返し続いていました。


この初体験の感想は、「ひゃぁーもう勘弁して下さい」でした。しかし時間が経つにつれてあの快感をもう一度味わいたくなってきました。

 


さぁ~真面目なタイトルで始まりました!

人妻大好き、社会のつまはじき者のつぶやきでございます。


需要と供給という壮大なタイトルを自分でぶち上げて自分でビビっている

私ではありますが、屈してたまるかという思いで書き上げていきます!!


突然ですが、皆さま夜の営みはいかがお過ごしでしょうか?

パートナーと愛を確かめ合う方や一夜を共にするだけのフレンドリーコンタクト色々な方が

いらっしゃると思うのですが、果たしてどれだけ奉仕してどれだけ快感に浸っているか考えた事はありますでしょうか?

自分は正直考えた事はありませんでした・・・。

一生懸命相手に奉仕するのが当たり前で、自分は一瞬の快感に満足しているだけでした。

そんな矛盾を考えてしまうと何だか虚しいというか、不公平なのではと思ってしまいます。

 

一方、昔から無くならずにいきづいているのが風俗です。

この世界は需要と供給が割と構築されているかなと思いますね!

稼ぎたい人がいて、満たされない人がそこに対価を支払う、当たり前に感じますが

意外と出来ていないのが現状ではないでしょうか?

星の数ほどある風俗店、出会いカフェ・手コキ専門・ヘルス・デリヘル・エステ・ソープ

東京に名古屋に大阪、各地に散りばめられたお店の中で今日は大阪にある風俗エステに視点をおいてみましょう!

 

最近一番多く利用しているかもしれないのがM性感系のお店です。

前までは、攻めも興奮材料に入れて考えていましたが。この記事を書くにあたって一番適しているのが

エステではないかと考えたわけです。なぜかと言うと、よく利用されている方はおわかりでしょうが

何もしなくても気持ちいいというコンセプトなわけです!これは、入る嬢にもよりますが

限りなく平等で、需要と供給がしっかりと行われている最適な教材だと思ったからです。

普段臨んでもして貰えない事や出来ない事をプロフェッショナルとしてしっかりやっていますし

値段もある程度の所であれば安心して遊べるのでいいんです!

もし、遊んだことがない方は一度行かれると自分の言っていた意味がおわかりになると思います。

 

私は今名古屋に住んでいますが訳あって来月から大阪に引っ越すことになりました!

大阪と言えば日本の中でも大都市の内の一つで楽しみで仕方がありませんでした。

 

大阪に引越しした際に必ずやりたいことが昔からありました。

 

私自身は名古屋に住んでいる時から友人から風俗に行こうとよく誘われていたんですが一度も行ったことがありませんでした。

 

ものすごく行ってみたいという気持もありましたが遊び方も知らなければそのお店のルールも全くわかっていなかったので足を運ぶ事をしませんでした。

 

初めてだったので店舗型に行ってみようと思っていたんですが、ふとネットを見ていた時にあるお店の名前が僕の目に入りました。

 

「大阪痴女性感フェチ倶楽部」

 

このお店は店舗型ではなくデリバリーのお店でした。店舗型に行こうと思っていましたがどうしても内容が気になってしまい、めちゃくちゃ緊張しましたが引越しをした2日目に自宅に呼ぶことにしました。

 

デリバリーの遊び方やルールをしっかり頭に入れるために色々な口コミ等を見て勉強しました!

このお店自体は男性は何もせずに女性が責めてくれて気持よくしてくれるお店!

初めての僕にとってはある意味よかったのかもしれません。

 

そしてついにその時がやってきました。

 

ドアを開けるとHPのままの女性がいました。緊張のあまり顔も見れず話も全く出来ませんでした。しかし、そんな僕を見て緊張している事に気づいた彼女は優しく全てをリードしてくれ、プレイが進んできました。自分が責めなくてもこんなに気持ちよくしてくれるもんなんだと感動を受けました!

初めての風俗がデリバリーという業種になってはしまいましたが選んで正解だったとものすごく感じました。普通であればデリヘルを呼ぶのが普通だと聞きますが僕みたいな内気なタイプは大阪痴女性感フェチ倶楽部のような受け身の風俗があっているとものすごく感じた一日でした。